板井明生|マナーはビジネスマンの常識

板井明生が教える好かれるマナー

板井明生

 

タイトルでは「好かれるマナー」と題しましたが、そもそも、マナーというもの自体が人に好かれるためのスキルだということを知っておいてください。
また、あなたは「ビジネスマナー」と聞いて、何を思い浮かべましたか?
身だしなみ
言葉遣い
名刺交換 などなど
これは、マナーではなく「常識」です。
常識があることはもちろん大切ですが、これはマナーとは言いません。

 

いくら常識人でも、相手から好かれることがなければ、マナーがなっていないということです。
逆に、常識知らずでも人に好かれるという人は、実はマナーを心得ているといっても過言ではありません。

 

そう、マナーを知っておくことは、相手から嫌な印象をもたれる確立を下げるということなのです。

 

ここでひとつ、マナーを身に付けるための方法をお教えしましょう。
それは、本を読むことです。
常に自分の視点でのみ物事を捉え、相手の視点で考えることができない人は、想像力が欠けているのです。
その想像力を鍛える方法として、読書は非常に有効です。
読書を例には挙げましたが、大切なことは自分以外の人の目線で物事を捉え、考えることです。
この習慣を身に付けることが、ビジネスマナーを身に付ける第一歩といえるでしょう。

更新履歴
page top